>

教育業界の得意分野とは

意外と知らない教育業界の違い

まずは、四谷学院です。
理解力と解答力を高める「ダブル教育」を謳っており、授業の質は評判です。
その他の大手塾とは異なり、少人数の集団十行と個別指導を組み合わせた学習システムです。
苦手科目も克服しなければいけない生徒に、特に力を発揮する塾と言えます。


次に明光義塾です。
「YDK」のCMでもお馴染みの学習塾です。
明光義塾は生徒3名ほどのクラスに講師1名、という少人数の個別指導を行っています。
「自立学習」を掲げており、自分で予習、復習するなど勉強する意識が高い生徒に特に力を発揮します。
また、進路指導力には定評のある学習塾です。

最後に、河合塾です。
河合塾は授業の質、サポート体制など総合的にとても高い評価を得ています。
授業だけでなくテキストの内容においても評判の高い学習塾です。
特に、私立の文系は他の学習塾には負けない実績を持っています。
文系の大学を目指す生徒にはおすすめの学習塾と言えます。

学習塾の職場環境とは

塾講師の平均年収は有名学習塾の正社員では900万円~1000万円になるようです。
また、一般の有名企業ほどの待遇とは言えませんが、社会保険や退職金制度などは完備されている塾が多いです。
では塾別に見てみましょう。

四谷学院では仕事の範囲が所属部署に限定されません。
多様な仕事に関わっていく中で社員の能力を開花させていく、という社風です。
実際、自己実現や自身の仕事への評価の面では講師に限らず、職員の評価も高いようです。

明光義塾は女性も活躍できる塾です。
女性の役員もいるのは学習塾に限らず珍しい企業と言えますよね。
また自分らしさを大切にする社風で、家族手当まで完備しているのは魅力的です。

河合塾は社長や役員との距離が近く、その分自己成長につなげることができます。
重要な仕事を任されることもしばしばのようですが、教育の現場らしく、写真への教育、支援も抜群で達成感を味わいながら働ける職場と言えます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る